東京駅のメトロ丸の内線ホームから京葉線ホームまでの行き方

東京駅のメトロ丸の内線ホームからJR京葉線ホームまでの行き方(乗り換え)

東京駅の東京メトロ丸の内線ホームからJR京葉線ホームまで、地下通路を利用する乗り換えルートをご紹介しています。

簡単な流れとしては、到着ホーム地下2階から地下1階の改札を出て、近くにある丸の内自由通路を目指します。この丸の内自由通路を通って行くとJR京葉線の丸の内口改札まで行けます。

下記の地図は、簡略した構内図となっているので、公式ページの詳細な構内図と合わせてご覧ください。

*見やすくするために、一部をずらして表示しています。
下記地図の左にある「JR横須賀・総武線」はJR東京駅の地下1階改札付近(黄色エリア)の左横に表示していますが、このJR地下1階改札の下に位置します。
また、「メトロ丸の内線」は、JR横須賀・総武線が表示している位置にあり、JR東京駅の地下1階改札エリアと連絡通路で繋がっています。

東京駅の簡略構内図

東京メトロ丸の内線ホーム

ホームは南北に伸びて地下2階にあり、出口改札は地下1階で、中央付近と北側(池袋方面)の2箇所です。
JR(山手線・東海道線・新幹線など)の東京駅は約50~100mほど東側にあり、JR京葉線ホームは約300mほど南側にあります。

JR京葉線ホーム

JR京葉線は、上記1階構内図のように、丸の内線ホームからかなり離れた南側エリアにあります。
丸の内線から京葉線に行くには「丸の内自由通路」があります。
乗り換えをされる方は、この丸の内自由通路を選択することが多いです。

東京駅の京葉線構内図

東京駅のメトロ丸の内線ホームからJR京葉線ホームまでの行き方

丸の内線ホームから京葉線ホームまで、約10~20分。

東京駅の簡略構内図

*見やすくするために、一部をずらして表示しています。
上記簡略図の「メトロ丸の内線」は、実際には、JR横須賀・総武線が表示している位置にあり、右横の「JR東京駅の地下1階改札エリア」と連絡通路で繋がっています。

丸の内線の改札とJR京葉線の改札は同じ地下1階にあります。(多少の高低差はあります。)

1.丸の内線ホームから階段・エスカレーター・エレベーター等で地下1階の改札まで上がり、改札を出て 「丸の内南口・JR京葉線」方面に行きます。
・「JR在来線/新幹線」方面に進んでも行けますが、「丸の内南口/JR京葉線」方面がスムーズに行けます。

2.少し進んで行くとコンコースに出ます。コンコース左側に「丸の内南口」がありますが、そちらには行かずに、そのまま通路の奥へ進んで行くと、JR京葉線まで続く「丸の内自由通路」があります。 (アートロード「丸の内」「JR京葉線」の標識があります。)

3.あとは丸の内自由通路を進んでいくと、JR京葉線の「京葉地下丸の内口」改札に着きます。

 

4.JR京葉線の「京葉地下丸の内口」改札から入り、そこを降りると広いコンコース(地下3階)で1・2番と3・4番線ホームへの降り口があります。
さらに降りるとホーム(地下4階)に到着します。

 

メトロ丸の内線からJR京葉線ホームまでの行き方のまとめ

東京メトロ丸の内線ホームからJR京葉線ホームまで、初めての方は標識など見ながらとなるので、移動時間は約15分見ていた方が よいかもしれません。
・お子様連れの方はもう少し時間に余裕が必要かもしれません。
・道を把握して慣れていて、エスカレータと動く歩道も歩くと10分はかからず行けます。
JR在来線/新幹線ホームからは、改札内の八重洲連絡通路で繋がっていますが、こちらの 丸の内自由通路は改札の外で繋がっている通路になります。

東京駅で乗り換え(その他)

東京駅は複数の路線があり階層構造にもなっているので、初めての方でもわかりやすく簡略地図などで乗り換えをご案内してます。

[ 新幹線から京葉線 ]

[ 在来線/地下鉄/N’EXから京葉線 ]

[ 各改札から東西線 ]

タイトルとURLをコピーしました